花と緑のグリーンライフ
店長の栽培日記

●ニンニクを育てました●

 スーパーで買った青森産の
 国産ニンニクです。
 これは食用です。
 1玉298円でした。
 例によって残り物のニンニクを畑で
 育てます。

 ニンニクはそと皮だけをむいて
 小分けします。
 これで9株のニンニクが出来ます。

 種ニンニクは、1玉50円で
 (中国産Mサイズ青森産ホワイト6片は
  298円ぐらい)
 販売していましたので
 1株当たり5円余りです。
 10月2日
 だいたい6cm間隔で植えて
 列の幅は50cmぐらいです。

 もう少し詰めて3列植えでも
 いいと思います。
 だいたい6cm間隔で植えて
 球根の高さと
 同じくらい土をかぶせました。
 10月16日
 ほとんど腐らずに芽が出て
 きました。

 実は9月の初旬に苗を販売する
 のでポットに植えたのですが、
 残暑が厳しかったのと、台風の
 影響で2割ぐらいは腐りました。

 少し遅いめに植えたほうが
 いいかも?
 近日中に肥料を撒くつもりです。
 10月27日
 今年は雨が多くウネが冠水して
 球根が腐らないか心配です。
 
 隣のウネの水菜は順調に生育して
 います。
 12月24日
 12月初旬にウネに油かすを与えて
 いただいたてきた、わらを株の間に
 敷きました。こうする事により土の
 保温と雑草の発生を防げます。
 ウネの草は昨日くわで削りました。
 薄く削ったのですが、ニンニクの
 根っこが少し見えていました。余り
 遅くに削ると根が傷みそうです。

 隣のウネの水菜は収穫が進んで
 います。
 3月20日
 温かい日と寒い日が交互にやってきて
 だんだん春らしくなってきました。
 昨年から栽培しているニンニクも
 大きいもので高さ50cm、軸の太い
 物も私の親指くらいに育っています。
       
 4月24日
 上の写真から1月が経ちました。
 軸もだいぶ太くなりました。
 同日
 根元を少し掘ってみました。
 球根はだいぶふくらんでいます。
 5月7日
 ニンニクの芽と呼ばれるとうが
 立ってきたので、収穫しました。
 多分500本ぐらいはあります。
 1本の様子です。
 ほのかに、ニンニクの香り?(ニオ
 イ)がします。
 砂糖としょうゆで甘辛く炒めて
 見ました。アスパラガスのような
 歯ざわりと、ニンニクの香りがあり
 美味しくいただけました。
 同日に、試しに1本引き抜きました。
 まだ少しおいておいたほうが良い
 ようです。
 5月20日
 買い置きのニンニクがなくなった
 とのことなので、少し引いて来ま
 した。
 球根はだいぶ大きくなっています。
 はかりにかけると1コ当たり
 平均で約90gありまずまずの
 収獲となりました。

 
 8月16日

 初夏に収穫したニンニクも秋を
 迎える頃には、芽が出始めるので
 この頃には外皮をむいて、冷凍し
 ます。
 右手が剥く前。左手のカゴの中が
 外皮をむいて中の皮だけを残した
 状態。
 適当なポリ袋に小分けしてこのまま
 冷凍します。
 
 昨年(H22年)は春先の低温と長雨の
 ためかニンニクの葉に画像のような
 赤星病と次の画像のべト病とさび病
 が大発生し 球の肥大する時期に葉
 が枯れてきて ほとんど収獲ができなくて
 悔しい思いをしたので2月に殺菌剤の
 ダコニールと ベンレートを数回散布しました。
 この画像は今年の5/28の画像で昨年は
 もっとひどく葉っぱ1面にオレンジの
 病変が入っていました。
 今年は薬剤でだいぶ抑えられたみたいです
 同日
 
 べト病の様子
 こちらも昨年よりはだいぶ抑えられ
 たみたいです
 同日 

 試しに大きそうなのと小さい株を
 収獲してみました
 中央のニンニクの上で銀色に見える
 のが比較でおいた500円玉です。
 指で指しているのが小さい株ですが
 昨年はこの小さいので一番大きくて
 小さいのは小指の先ぐらいしかありま
 せんでした。今年はタマネギか?と
 思うくらいの大きさに育ちました。
 もともとのタネ球根は指で指している
 くらいの大きさでした。