花と緑のグリーンライフ
店長の栽培日記

〜野菜栽培編〜

●接木野菜苗の管理

    
    接木苗をお買い上げいただいたお客様からキュウリの苗を買ったがキュウリが成らず
    変なカボチャのようなものがなったとか、なすの接木苗の下のほうからトゲだらけの枝が
    出てきた等の相談をたまに受けることがあります。
    接木野菜苗というものは本来の目的の野菜の苗を別の植物に接木したものです
    なぜそのようにするかと言えば、たとえばキュウリやスイカなどのウリ科の場合、春先の
    低温に根が弱かったりトマト、ナス、ピーマンなどのナス科植物など連作障害の影響を
    受けやすいものがあります
    それらの影響を回避するため低温に強かったり耐病性のある品種の苗に接木をします
    その苗を台木と呼んでいます
    そのため台木から出た芽を欠き取らずそのままにしておくと台木の芽が大きくなってしまい
    目的の芽が育たなくまったく違う実が成ったりします
  キュウリの接木苗の接合部です

  矢印@はキュウリの双葉です
 
  矢印の下の双葉は台木の双葉で
  矢印のところから出ている芽は
  台木の芽なのでキュウリではない
  のでもう少し大きくなれば欠き取り
  ます
  なすの接木苗の接合部です

  最近はあまり見かけなくなった
  花なすびに接いでいる苗です
  この部分より下から出ている芽は
  すべて欠き取ります
  スイカの接木苗の接合部です

  矢印Aはキュウリの双葉です
  
  矢印@は台木の双葉でこの部分
  から出る芽はスイカではなく台木の
  芽が出るのですべて欠き取ります
  
  トマトの接木苗の接合部です

  この部分で台木とトマト苗と
  それぞれ斜めにカットして接木して
  いるのが見て取れます
  この部分より下から出ている芽は
  すべて欠き取ります
  丸印の下に左右に出ているのが
  台木の双葉で小さいめが見えますが
  すべて欠き取ります
  
  接木苗の台木の芽を取らずに
  放置しておいた画像です
  矢印の所から勢い良く出ているのが
  台木の芽です
  台木の芽を欠きとった様子です
  台木の芽に養分を取られて本来の
  育てるべき苗の芽は貧弱になって
  います。
  もう少し早く欠き取りましょう